保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

保険代理店担当者が経験した、海外旅行保険の事故事例

公開日: : 海外旅行保険

保険代理店で勤務中に受けた、事故やトラブルの実例をご紹介します。
今回は海外旅行中に起こった事故です。

1.スーツケースが壊れた(携行品の破損)

自動車部品メーカーにお勤めのAさん。
今回は1週間のご予定でタイの工場へ出かけられるとのことで、海外旅行保険に加入したいとのご連絡が入りました。

海外旅行保険に加入して出発されて1週間後、戻られた頃かとこちらから奥様にご連絡しますと、『そういえば旅行中にスーツケースが壊れてしまったわ』とのお返事が。

詳しくお聞きしてみますと、4つあるキャスターのうち2つが完全に割れており、本体部分にも損傷はないので物は入るが、転がして運べないのでこまったわ、とのこと。

『べつにいいわよ。新しいの買うわよ』とおおらかなAさんでしたが、こんな時のために保険に入っていただいているのだから!と請求手続きに入り、無事にスーツケース修理代として数万円を保険会社から払ってもらうことができました

2.カメラが盗まれた(携行品の盗難)

保健代理店として海外旅行保険の仕事をしていると、一番多いご請求がやはり持ち物の破損。
スーツケースのほかにビデオカメラ、携帯電話などの電子機器のご請求も多いです。

今回は20代大学生の女性グループ。
皆さんでバリ島へ卒業旅行へ出かけられるとのことで、損保ジャパンの海外旅行保険にご加入されていきました

そのうちのお一人から『携帯電話が盗まれてしまった。どうしたらいいか』と、現地より連絡がありました。

通常、事故が起こった場合は保険会社へ直接連絡をしていただくのですが、「なぜ代理店へのご連絡?なにごとだろう?」と話を伺うと、携帯電話を充電するためホテルに置いて外出をしたら、充電器ごとなくなっていた とのこと。

鍵はフロントに預けて出たので、考えられるのはホテル関係者しかいない・・・
しかしホテル側は知らぬ存ぜぬの一点張り。

こういう場合は保険が使えるかわからなかったのでとりあえず代理店に聞いてみよう、と電話したということでした。
詳しく状況を伺った結果、これ以上ホテル側との交渉は無理と判断し、現地の警察に盗難届を出すようご案内して、保険会社に保険金請求をしていただきました、

携行品損害の請求についての注意点!

・「旅行中に盗難にあった」というご連絡をたくさん受けますが、現地警察に盗難届けを出さないと請求できないケースがほとんどですから、面倒でも必ず盗難届けを出しましょう。
・屋外での置き忘れの結果、盗難にあった場合は、ご本人の不注意とみなされ請求の対象外になることが多いのでご注意してください。

参考記事

「コウノドリ」に学ぶ – マタ旅(妊娠中の海外旅行)保険の選び方
妊娠中の海外旅行保険【妊婦さんの海外旅行心得】

PC用

関連記事

関連する記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、