保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

公的保険と海外旅行傷害保険

公開日: : 海外旅行保険

「海外では事故にあって治療をすると医療費が高いので、海外旅行傷害保険の傷害治療と疾病治療は必要」と海外旅行傷害保険のパンフレットに謳われている。

ところで公的医療保険の「海外療養費制度」をご存知だろうか。1年半ぐらい前の日経新聞の「安心のキーワード」でも紹介されていた。

公的保険の被保険者が海外渡航中に病気やケガで治療を受けた場合、その医療費は帰国後申請すれば「海外医療費」として給付を受けられる。
給付額は、国内での保険医療機関などで給付される場合を標準として決定される。
治療費の3割が自己負担なので、海外治療での日本の治療費は7割相当額が支給される。

当然日本国内で保険適用とならない医療行為は給付の対象外。手続きは少し煩雑である。
市役所や区役所あるいは勤務先の健保組合で
①診療内容明細書
②領収書明細書
をもらって海外旅行に持参する。
海外で治療を受けたら治療内容や費用を記入してもらい立替払いをしておく。
帰国後、「健康保険療養費支給申請書」に領収書などを添えて窓口に提出すればOKだ。

海外旅行傷害保険は傷害・疾病については治療実費なので、自己負担分の3割相当額は補償されると思われる。
しかし国により医療体制・治療方法・物価が異なるので、旅行先の医療事情を勘案して一定額の海外旅行傷害保険を付保しておくことは必要だろう。

また、国内で多額の医療費を要した場合は、「高額医療費の払い戻し制度」がある。
来年1月から制度が変わり、年収370万円~770万円の場合だと
8万100円+(総医療費-26万7000円)×1%
が自己負担の上限になり、自己負担が10万円を超えることは少ないはずだ。

こうした情報も保険会社のパンフレットに掲載してもらいたいものだ。
(新日本保険新聞)

PC用

関連記事

関連する記事はありませんでした

PC用

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、