保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

【自動車事故が起きたら】保険会社の損害部はこうやって仕事をしている | 今日も明日も自動車事故

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 自動車保険

前回は、「追突事故を起こしてしまったときの注意点」について書きました。
今回は、自動車事故で両方に責任がある場合についてです。

事故の連絡を受けたら、私が働いている自動車保険損害部では次のような流れで仕事をすることになります。

過去の裁判結果を調べる

事故のおおまかな内容がわかったら、まずは過去の事故の裁判所の判断をまとめた本でどんな判決だったのか調べます。事故の担当者であれば1冊ずつ持っているのです。

その本には
・事故が起きたのはどんな道路だったのか
・信号はあったのか
・信号の色はどの色だったのか
・標識はあったのか
・車はまっすぐ行こうとしていたのか
・右折や左折をしようとしていたのか
などなど。よく起こりやすい事故の形は大体載っています。

例えば、「十字路でどちらも直進同士、片方には一旦停止の標識があった」ときけば、責任割合は80:20(一旦停止のあるほう:ないほう)が基本です。
そこにスピードのだしすぎはなかったか、などの状況で少し変わってくることもあります。

載っていないような複雑な事故の場合は、会社にある更に細かく載っている資料を出して調べたり、上司に相談したりします。お客さんに「その交通事故では基本的にはどれくらいの責任が発生するのか」からお話ししないといけませんから、複雑な事故状況のときは調べるのはかな~り大変です。

契約者サイドと打ち合わせ

基本的な責任割合を心の中で決めたら、お客さんもしくは保険代理店さんにお話しします。納得いただければそのまま相手側と交渉しますし、納得されなければ基本割合から変更できるような要素がないか、もっと詳しくお話しを聞いてみます。

車の損傷も確認してプラスになる要素はないか検討します。何かプラス要素があればそのお話しをもとに相手側と交渉しますが、特に要素がなかった場合は困りますね・・。
とりあえず相手側に「この責任割合で出来ませんか?」と申し出ることはできますけど、説明できる要素がなければだいたい相手側も納得してくれないので(当たり前ですよね)、時間をおいてお客さんの気持ちが収まるのを待ったりすることもあります。こういうケースでは相手側の説得よりもお客さんの説得をするほうが気持ち的に辛いですね。

相手側との交渉

こちら側の意見がまとまれば相手側(通常は相手の保険会社)と事故の状況を確認し、責任割合のお話しをします。基本通りスムーズにいくときはすごくホッとします。

相手側と事故の状況が一致しないときは社外調査に

相手側の言っている事故の状況が、お客さんから聞いている状況と違っていることもあります。つまり、どっちかの説明が間違いであるということですね。

どうしても一致しないときは社外のリサーチ会社に調査を依頼します。直接お話しを聞いてもらったり、事故の現場を見て写真を撮ってきてもらったりします。そして調査会社の出した責任割合をもとにお話しを進めることもあります。
調べてもらう内容によってリサーチ会社に支払う金額も違ってくるので、事故現場だけの確認にすますか、当事者たちに話までも聞いてもらうのか、などは場合によって判断しています。

最後の事務処理をしたら無事に完了!

お互い責任割合に納得してもらえたら示談書の取り交わし、となりますが保険会社同士の場合はほとんど口頭の確認で省略することが多いです(ただ、どちらかが保険を使わないときは後々もめるといけないので、このときは書面でお互いの印鑑を押してもらうことが多いです)。
示談書を省略するときでも印鑑はないものの、似たような責任割合や損害額、支払い方法を書いたものをお客さんには送りします。省略すると早く支払いをすることができ、それだけ解決が早くなります。

損害部担当者がオススメしたい自動車保険の「弁護士特約」

最近の自動車保険は「弁護士特約」という弁護士さんに依頼した費用を保険会社がお支払いするものがついているものが多いので、話がまとまらない場合は弁護士さんに依頼することもあります。特約の保険料は安いので、相手方が問題のある方だった場合のことも考えると入っていると安心でしょう。

悲しいことに、「保険会社って自分の会社の支払い分を減らすために交渉するんでしょ!?プンプン!」というイメージを持ってらっしゃる方もいますが、そんなことはありませんよ!(笑)

上に書いたように各工程でやるべき仕事がたくさんあるので、「当事者たちにしっかり納得してもらえるよう話を正当にまとめたい」という気持ちで仕事をしています。

PC用

関連記事

自動車保険

「自賠責保険」と「自動車保険」の保険料引き下げ、今後の予定とまとめ

自動車を保有しているすべての人であれば「自賠責保険」と「自動車保険」はよく知っていると思いますが、こ

記事を読む

災害応援で他部署の損害課にいったときのこと | 今日も明日も自動車事故

本日はちょっと趣旨を変えて、自動車損害担当の私が台風対策室にお手伝いにいったときのお話しをします。

記事を読む

no image

自動ブレーキ搭載の車、自動車保険が安くなる!

2017年1月より損害保険各社では、自動ブレーキなど先進的な安全装置を搭載した自動車の保険料を平均で

記事を読む

自動車保険の分析・評価

自助努力が支払保険料を割安にする時代

昨今、自動車保険の一種でテレマティクス保険が話題となっています。テレマティクス保険は自動車に小型の

記事を読む

SBI損保の自動車保険、プロに聞いた評価・評判をまとめてみた

プロの目から見たSBI損保の自動車保険 このページでは、SBI損保の自動車保険について保険会社社員

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

ポイントはたったの2つ!正しい学資保険の選び方とは

子供が産まれると喜びも大きいですが、子供を育てていく責任も出てきま

社会保険と生活
病気で働けなくなったらどうする?高額療養費制度と傷病手当金の申請から受給まで

今は健康に問題もなく働いているけれど、万が一大きな病気をして働けな

住宅購入前後で必要となる不動産登記の種類と流れ

これから住宅の購入を考えている人であれば「登記」という言葉をすでにご存

Bupa Global
妊娠22週以降でも入れるBupa Globalの海外旅行保険。特徴と加入の流れを解説します。

Bupa Globalの海外旅行保険について調べてみたので記事として投

相続税で支払う金額はいくら?金額を確認する4つの手順

平成27年(2015年)1月1日より相続税の基礎控除額が大幅に引き

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、