保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

2031年、国立大学の授業料が1.72倍へ跳ね上がる!?教育資金を備えるには?

公開日: : その他, 生命保険や損害保険

文部科学省は平成27年度、年間約54万円の国立大学授業料について、2031年度(平成43年)には93万円程度に上がるという試算を示しました。これは小さな子どもを持つ親からすると教育資金を再検討する大きなきっかけになります。本記事では教育資金を備えていくための方法をいくつかご紹介していきます。

方法その1 中途解約しなければ100%超え!学資保険で教育資金を確保する

学資保険は子どもの教育資金を確保するための正に「王道」といっても過言ではありません。民間の生命保険会社やJAなどでさまざまなタイプの学資保険を販売しておりますが、最初の商品選びには細心の注意を払いましょう。

学資保険は「貯蓄性の高い保険」と呼ばれ、中途解約しなければ支払った保険料よりも多く返戻金が戻ってくるといったメリットがあります。しかし、中には満期まで支払っても多く戻ってこない商品が存在します。最終満期の返戻金がいくらになるのか保険会社や代理店に必ず確認してから加入するようにしましょう。

方法その2 堅実な方は、貯蓄・積立・定期など、こつこつ貯める

貯蓄、積立、定期など受取利息は期待できませんが元本が減るといった最悪なリスクは回避できます。子どものために毎月こつこつ貯める堅実な方法は資産形成するための原点です。受け取った児童手当をそのまま将来の教育資金として貯めておくのもよいでしょう。

方法その3 教育ローンと奨学金の違いについて理解しておきましょう

教育資金を確保するためにお金を借りる方法もあります。教育ローンも奨学金もどちらも教育資金を目的とした借金です。大きな違いは借金を返済する人で、教育ローンは「親」奨学金は「子」に返済する義務が生じます。

親御さんの中には子どもに借金を背負わせたくないといった理由から奨学金に反対する場合も見受けられます。18歳にもなると大人と同等です。自分の子どもを信じて進みたい道へ背中を押してあげられる余裕を兼ね備えておきたいものです。

PC用

関連記事

FPが教える火災保険選びの基本マニュアル!

先日、島根県で偶発的な突風が発生し、建物や自動車など大きな被害の生じたニュースが報じられました。

記事を読む

no image

広がるペット保険。ペット保険に対応する動物病院を前もって見つけておきましょう。

ペットに家族同様の深い愛情を注ぐ飼い主が多いですよね。 そんな大切なペットが病気やケガをした時には動

記事を読む

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需要は年々高まり、今では「FP」

記事を読む

no image

保険金請求漏れが無くなる動きが到来。

保険法では生命保険の保険金請求に「3年」という時効を設けておりますが、皆さんはご存知でしたか? 一

記事を読む

損保ジャパンの介護事業は新風を起こせるか

損保ジャパン日本興亜ホールディングスは、買収する居酒屋大手ワタミの介護子会社の社名を平成27年12月

記事を読む

PC用

医療保険制度改革と医療保険の見直しポイント

2015年5月に「医療保険制度改革法案」が成立し、2016年4月より施

【持病のある方必見】持病補償のついた海外旅行保険に加入する方法

持病のある人にオススメの海外旅行保険とは 病気を治療中であったり持病

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需

不動産所得の税金
こんな方は要注意!住宅ローン審査に通らない理由&通りやすくする方法

マイホーム購入で多くの方が利用している住宅ローン。誰でも申し込めるもの

健康保険の「被扶養者が受けられる給付」まとめ

会社員の夫、専業主婦の妻。 このような世帯の場合、夫は健康保険の「被

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、