保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

妊婦でも入れる医療保険についてお勧めを教えてください。

解決済みの質問
相談者名 はすママ(30代女性)
妊婦でも入れる医療保険についてお勧めを教えてください。

妊娠検査薬で陽性反応がでて、産婦人科で受診したところ妊娠していることが分かりました。妊娠5週目に入ったところです。

慌てて医療保険のことを調べているのですが、妊娠がわかってからでも加入できる(今回の妊娠にも適用できる)保険を探していて、エヴリワンやコープ共済が入れるみたいですが、どちらがお勧めでしょうか?

ちなみにエヴリワンだと今回の妊娠にも適用できるとありますが、これは切迫などで入院になってしまったり、帝王切開になってしまったときにも保険で保障されるということでしょうか。
HPを見ててもちょっと分からず教えてください。

回答受付を終了しました
回答者名 kekoisさん
回答 こんにちは。まずは妊娠されたこと、おめでとうございます。
出産まで長い時間になりますが、頑張ってください。

ご質問のことですが、エブリワンはエイワン保険会社の医療保険ですね。
http://lady-hoken.com/
ここの医療保険は妊婦さん向けの医療保険としても特化している保険ですから、保障内容がかなり手厚いです。つまり加入時の妊娠も保険対象に含まれ、その妊娠での帝王切開や異常分娩、切迫入院でも保険金を受け取ることが出来ます。

COOP共済も月額2,000円と安くていいですね。母体も大企業ですので、つぶれる心配はまずないでしょう。

どちらも似たような保障内容なので、どっちがお勧めかは正直断言しづらいです^^;
妊婦さんに対する知識や保険会社としての専門性を求めるならエブリワンがいいでしょうし、日頃から生協(自宅配送など)を利用されている方だとCOOP共済もまとめて任せられるのでそれもいいかもしれませんね。

回答者名 kobeさん
回答 私もコープに入ろうか迷ってましたが、、、
残念ながら流れてしまいました。
ソニー生命も以前は妊婦さんも加入できていたのですが、2年前から規定が変わって加入不可になったそうです。
保険金がもらえるかどうか大事なことですから、両方の保険会社に電話して話を聞いてみるのがよいのではないでしょうか?
回答者名 はすママ
回答 ありがとうございます。そうですね。電話で詳しく聞いてみようと思います。
あまり大きな違いはないということですし、ちゃんと保障してもらえるのならエヴリワンに入ろうかなと検討中です。

PC用

関連記事

これで分かる!高額療養費の計算方法

自分の高額療養費を計算してみよう 前回では高額療養費制度の知っておくべき4つのポイントを説明しまし

記事を読む

高齢者契約の状況確認の課題

昨今、保険契約者における保険金請求のし忘れや確実な保険金の支払いを目的として国内生命保険会社の注意喚

記事を読む

ドコモ

NTTドコモと日本生命の提携

顧客の囲い込みは、企業にとって大きな戦略の一つだと思います。特に、市場の拡大が厳しい業界では、顧客の

記事を読む

no image

就業不能保険は必要か? -売りたいけど支払いたくない保険の典型-

突然ですが、もし「病気やけがで働けなくなった場合、その期間の収入を保障する保険があります」と言われた

記事を読む

生命保険における告知義務違反の意外?なルール

生命保険の申し込みをする時に告知書や意向確認書といった書類の記入を求められます。 告知書とは、過去

記事を読む

PC用

医療保険制度改革と医療保険の見直しポイント

2015年5月に「医療保険制度改革法案」が成立し、2016年4月より施

【持病のある方必見】持病補償のついた海外旅行保険に加入する方法

持病のある人にオススメの海外旅行保険とは 病気を治療中であったり持病

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需

不動産所得の税金
こんな方は要注意!住宅ローン審査に通らない理由&通りやすくする方法

マイホーム購入で多くの方が利用している住宅ローン。誰でも申し込めるもの

健康保険の「被扶養者が受けられる給付」まとめ

会社員の夫、専業主婦の妻。 このような世帯の場合、夫は健康保険の「被

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、