保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

保険料の短期払いはするべきかどうか

公開日: : 企業向け保険

保険料の払い込み方法には、全期払、短期払、一時払いがあります。
終身型の保険の場合、全期払を選択した場合には、保険期間が終わる一生涯保険料を支払うことになります。
月々の保険料の負担額を抑えるために、全期払である終身払いの商品が多くなっています。

しかし、年金の目減りや支給開始年齢の繰り下げ等もあり、定年退職後の支出を抑えたいという考える人も多いのではないでしょうか。
選択肢として短期払のラインナップがあると検討できますよね。

短期払の商品を契約した場合、保険料支払期間中は同じ契約内容ですと全期払商品よりも保険料は高くなりますが、保険料支払の期間が限定されている点は安心できます。
但し、保険料支払い総額を考えた場合には、短命で亡くなった場合には全期払の保険よりも多く支払うことになる可能性もあります。

また、保険料支払い期間が満了になると、保険料の変更を伴う保険内容の変更ができなくなる点も留意が必要だと思います。

全期払か短期払かどちらが良いかは、自分の考え方、ライフプランによって人それぞれで検討されるのがよいと思います。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~
チューリッヒ生命、終身ガン治療保険で保険料短期払の取り扱い開始


チューリッヒ生命は、4月1日申し込み分から「終身ガン治療保険プレミアム」「3大疾病保険プレミアム」の2商品の保険料払込期間について、保険料全期払に加え、新たに保険料短期払の取り扱いを開始する。

全期払は、保障が続く全保険期間にわたって保険料を払い込む方式。一方、短期払は、1回あたりの保険料は全期払に比べて高くなるが、保険期間の途中で保険料の払い込みを終えることができる。
これまで、同社では、両商品の保険料払込期間について、全期払のみを取り扱ってきたが、今回、新たに55歳、60歳、65歳、70歳払済からも選択できるようにした。保険料払込期間の選択肢を拡大することで、定年退職前に保険料払込の終了も可能になる。
(新日本保険新聞より抜粋)

PC用

関連記事

損保ジャパンがこだわる保険の新商品開発。新リスクへの備えこそ保険会社の使命。

損害保険ジャパン日本興亜では、新商品開発のコンセプトについて「業界初にこだわっていく」といった方針で

記事を読む

no image

プレミアム商品券の盗難・偽造に対する損害保険が好評。

プレミアム商品券がお得と言うことで話題になっていますね。自治体によって、その内容は違うようです。購入

記事を読む

no image

【役員賠償責任保険】役員賠償と新たな相続問題とは?

先日、トヨタ自動車の女性役員が麻薬密輸容疑で逮捕されるニュースが報道されました。 数多くの株主が存在

記事を読む

no image

年金の個人情報流出問題で、個人情報漏えい保険への問い合わせが増えています。

日本年金機構における個人情報流出問題に伴い、損害保険各社は企業に対するサイバー攻撃による個人情報流出

記事を読む

朝ドラで話題の大同生命、法人向け生命保険で躍進

NHKの朝のテレビドラマ「あさが来た」が非常に人気になっています。 明治時代の女性企業家の一人、広

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

【相続・戸籍・登記】三位一体の関係をとことん解説

【相続】 【戸籍】 【登記】 どの言葉も一度は耳にしたことはある

ポイントはたったの2つ!正しい学資保険の選び方とは

子供が産まれると喜びも大きいですが、子供を育てていく責任も出てきま

社会保険と生活
病気で働けなくなったらどうする?高額療養費制度と傷病手当金の申請から受給まで

今は健康に問題もなく働いているけれど、万が一大きな病気をして働けな

住宅購入前後で必要となる不動産登記の種類と流れ

これから住宅の購入を考えている人であれば「登記」という言葉をすでにご存

Bupa Global
妊娠22週以降でも入れるBupa Globalの海外旅行保険。特徴と加入の流れを解説します。

Bupa Globalの海外旅行保険について調べてみたので記事として投

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、