保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

自転車の高額事故に備えよ。自転車保険や火災保険特約で対策。

公開日: : 自転車保険

自転車の高額事故に備えよ
自動車やバイクは運転するのに免許証が必要ですが、自転車は車両とは言え誰でも運転ができます。子供から乗ることができますが、運転免許証がない分、交通ルールの周知徹底ができていないように思います。自転車でも酒気帯び運転が問われたり、スピード違反があるのは、意外と知られていませんね。

今回、自転車販売時に1億円の傷害保険をセットしての販売は、それだけ自転車事故の怖さを反映していると思います。死亡事故にもなればその賠償金額は高額になります。自動車やバイクの場合は自賠責保険の上に任意の自動車保険に加入することがほとんどです。しかし、自転車のために保険はあまり考えられる機会がないのではないでしょうか。

保険会社のなかでも、個人向けの個人賠償保険を単独商品として販売していない会社があります。他の保険に個人賠償保険特約として上乗せして加入する方法が一般的なようです。
傷害保険セットの自転車を購入する前に、自分の加入している保険に個人賠償保険特約が付加されていないか、または付加できないかも確認するのがお勧めです。保険は必要ですが、適正額への加入が大切です。

自転車販売大手のホダカ(埼玉県越谷市)は最高1億円の個人賠償責任の傷害保険を付けた自転車を、2月から販売する。同社によると、自転車業者が負担する保険額はこれまで5千万円が最高。自転車の保険の認知度を高めるため、一気に倍増させた。

昨年7月、少年(当時小5)が乗った自転車の事故を巡り、親に約9500万円の賠償を命じた判決(控訴中)が神戸地裁で言い渡されるなど、近年、自転車が加害者になり、高額の賠償が請求されるケースが注目されている。

自動車やオートバイなどに比べ、自転車の保険の認知度は低い。日本サイクリング協会によると、保険会社で本格的に制度が整備されたのはここ数年で、加入率はまだ全体の2割程度とみられる。
1982年からある安全整備済み証を兼ねるTSマーク付帯保険も、補償は最高2千万円で、重大事故をカバーしきれていないという。
(朝日新聞)

PC用

関連記事

no image

兵庫県が2015年10月から自転車保険加入が義務化へ

自動車・バイクには自賠責保険が義務付けられていますが、自転車には保険加入が義務付けられていません。

記事を読む

【自転車保険】行政が住民世帯をバックアップする仕組み作り

以前、自転車事故による多額の賠償金支払判決が大きなニュースとして話題となりました。兵庫県では条例によ

記事を読む

自転車保険

いま自転車保険が必要になってきてる理由

ここ数年、自転車の事故増大を受け、道路交通法の改正が相次いでいます。 自転車の歩道走行禁止や、ヘ

記事を読む

自転車保険

au損害保険、業界最安値の自転車保険の開発・販売を開始

au損害保険は自転車小売り最大手のあさひ向けに専用の自転車保険を開発しました。 通常の保険より補償額

記事を読む

no image

日新火災が積み立てプラン付の自転車保険を発売

兵庫県で自転車保険加入の義務化の条例が施工されるなど、自転車保険が大きな関心を集めています。 実際、

記事を読む

PC用

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

火災保険
地震保険が値上げ!地震保険を知って賢い節約をしよう。

2019年1月に地震保険が値上げされます。 家計の負担を避けるために

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知ら

不動産所得の税金
不動産の売却所得、税金がかかるケースとかからないケース

長い人生においては、さまざまな理由から住宅などの不動産を売却する機会も

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、