保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

自賠責保険の保険料が据え置きによる影響とは。

公開日: : 自動車保険

自賠責保険の保険料が据え置きによる影響とは
平成26年4月より消費税が現在の5%から8%へアップします。家計への負担が大きくなるのが気になるところです。それに伴い、販売価格の見直しも色々と言われ、検討されています。

自賠責保険は、車両を所有する場合は必ず加入が必要な保険です。それが、強制保険とも言われる所以です。
その自賠責保険の保険料が、今回据え置きされることは喜ばしいことだと思います。ただでさえ、家計への負担が気になる増税の時に保険料がアップするとなると、消費者としては心理的にも負担になるからです。
現実として、必ず加入しなくてはならない自賠責保険にも加入していないケースも見られます。万一そんな車両が事故を起こしたら、と考えると怖いです。保険料が少しでもアップしたら、そんな未保険車両が増えないとも限りません。

事故率アップで11年度、13年度と保険料がアップしていることを考えると、事故率を下げる努力を運転者側もしていく必要があるかもしれませんね。交通ルールを守って、安全運転をみんなが心掛ければ、事故率もダウンに繋がるかもしれません。

自賠責保険料14年度は据え置き 金融庁

金融庁は29日、自動車損害賠償責任(自賠責)保険審議会(金融庁長官の諮問機関)を開き、2014年度の自賠責保険料を据え置くことを決めた。4月に消費税率が5%から8%に上がるものの、保険料本体は非課税のため、保険収支への影響は小さいと判断した。

ただ、保険を扱う代理店の販売手数料は消費税の対象のため、損害保険会社が代理店に払う手数料は引き上げる必要がある。金融庁は15年度以降の保険料改定時に転嫁を検討する案を提示。
異論が出なかったため、それまでの間は保険会社が費用を負担することになった。

自賠責保険は自動車、バイク(原付バイク含む)やオートバイの利用者に法律で加入が義務付けられている。保険料は現在、自家用乗用車(沖縄・離島除く)で年1万6350円。
事故率の上昇などで保険収支が悪化したため、11年度と13年度にそれぞれ1割強値上げされた。

(日経新聞)

PC用

関連記事

保険担当者が教える自動車保険選びのポイント

毎年なんとなくやってる自動車保険の更新。 これで良いのかな? もっと安い保険会社もあ

記事を読む

no image

ニーズと実用的が自動車保険増加の決め手か。短期の自動車保険も。

今年の秋から大手損害保険各社が若年者向けに自動車保険を加入しやすくするようです。 自動車免許を取り立

記事を読む

自動車保険の値上げ、消費者にとって賢い選択は何か

自動車保険は値上がりしてばっかり・・・ 4月の消費税率引き上げを受け、東京海上ホールディングス

記事を読む

no image

もらい事故でも賠償義務が発生。福井地裁が判決。

福井で起きた交通事故に関して、非常に厳しい判決が言い渡されました。 無過失が証明されなければ賠償責任

記事を読む

no image

自動車保険、安全運転で安くなるテレマティクス保険が続々登場

昨今、自動車の走行距離や運転状況などで支払保険料が変化するタイプの自動車保険が損害保険各社より続々と

記事を読む

PC用

医療保険制度改革と医療保険の見直しポイント

2015年5月に「医療保険制度改革法案」が成立し、2016年4月より施

【持病のある方必見】持病補償のついた海外旅行保険に加入する方法

持病のある人にオススメの海外旅行保険とは 病気を治療中であったり持病

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需

不動産所得の税金
こんな方は要注意!住宅ローン審査に通らない理由&通りやすくする方法

マイホーム購入で多くの方が利用している住宅ローン。誰でも申し込めるもの

健康保険の「被扶養者が受けられる給付」まとめ

会社員の夫、専業主婦の妻。 このような世帯の場合、夫は健康保険の「被

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、