保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

ドコモの保険取り扱い。社員と親族に及ぶ懸念とは?

公開日: : 医療保険, 生命保険

NTTドコモは、来夏から日本生命保険の保険商品を販売するのに備え、年度内にもドコモショップのスタッフが保険業法で定める販売資格を取得する見通しを発表しました。
保険を売るための資格は、講習と試験を受験し合格すれば晴れて取り扱う事ができる仕組みとなっておりますが、いわば「形式」です。

保険を売る事と良い保険を売る事は全くの別物で、知識や経験がなければ顧客に良い保険を提供する事は絶対にできません。はたして携帯ショップのスタッフにそれが可能であるかは甚だ疑問です。また、それができるのであれば携帯ショップよりも保険会社に就職したり自分で保険代理店を営んだ方がよほど儲かると思います

ドコモでは今後日本生命だけではなく、かんぽ生命の学資保険や養老保険についても取り扱いを検討している様ですが、ファイナンシャルプランナーとしては警鐘を鳴らします。
現在の保険動向やニーズにおいて特に養老保険は全くと言って良い程、時代に即してはおりません。確かに一昔前に流行った保険ではありますが、今時こんな商品を勧められたのでは顧客が気の毒で仕方がありません。

ノルマでスタッフが家族・親族に営業することも?

今後、携帯ショップのスタッフに及ぶ懸念は、自身や家族、親族をまとめて日本生命やかんぽ生命の保険に乗り換えるといった事でしょう。ノルマが達成できず、数字が上がらないための「自腹対策」です。
最後には嫌気が差して退職するといった流れとなり、次のスタッフが同じ様な目に合う。あなたはこんなスタッフから将来の保険に加入したいですか?
問い合わせたら「そのスタッフはもう辞めました」というのは、よくある話です。

(SankeiBizより一部抜粋です)

ドコモ、かんぽ生命も視野に 日本生命以外の保険商品取り扱いに意欲


NTTドコモの加藤薫社長は12日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、来夏から日本生命保険の保険商品を販売するのに備え、年度内にもドコモショップのスタッフが保険業法で定める販売資格を取得する見通しを述べた。また日本郵政グループのかんぽ生命保険など他の生保の商品も順次取り扱いたい考えを示した。加藤社長は「具体的な話はこれから」としながらも、日本郵政グループの2万4000局の郵便局ネットワークについて「当社の(ドコモショップの)店舗の10倍ある」と述べ、販路の相互利用の可能性に言及した。

ドコモは来夏に、まず日生の保険を販売、その後他の大手生保の商品も取り扱う方針だが、かんぽ生命の学資保険や養老保険なども検討したい考えだ。保険販売に向け、日生の支援を受けてドコモショップの販売スタッフの資格取得を急ぎ、年度内には数十人規模の販売体制を整える。ただ、かんぽ生命の保険は現在、郵便局以外では販売していないため、実現するかどうかは不透明だ。

日本郵政グループの日本郵便は10月29日にタブレット端末を利用した高齢者向け「みまもりサービス」の実証実験を始めたが、回線はドコモの携帯電話ネットワークを採用した。加藤社長は回線契約をてこに「相互協力できるアイデアを出していきたい」と話し、高齢者支援事業での日本郵政グループとの協業にも意欲を見せた。

総務省の有識者会議で検討が始まった携帯電話料金の引き下げ議論については「(新料金プランで)当社は1000億円を超える営業減益となり、その分値下げしたようなもの。さまざまなプランの中から選んでもらえればいい」と自社の取り組みを説明するにとどめた。

また、契約者当たり月間収入の減少傾向が続いたことに「下げる努力をしてきたが、一方でネットワークは強化してきた」と指摘。16日に有識者会議で行われる事業者別ヒアリングについては「(ライトユーザー向け料金プランなどの)具体策はまだない。様子見になるだろう」との見通しを述べた。

PC用

関連記事

生命保険契約を家族にも伝えておくことの大切さ

生命保険の加入率が高い日本ですが、実際に保険金を受け取る事由が発生した際に速やかに請求手続きが取れて

記事を読む

no image

就業不能保険は必要か? -売りたいけど支払いたくない保険の典型-

突然ですが、もし「病気やけがで働けなくなった場合、その期間の収入を保障する保険があります」と言われた

記事を読む

no image

広がるショップ型保険代理店。課題はまだ多い。

昔は生命保険の営業と言えば、自宅や職場に営業職員が訪問することがほとんどでした。現在は、昼間の自宅在

記事を読む

第一生命保険、代理店向け展開を狙いDIY生命を傘下に

生命保険会社も生き残りが厳しい時代になったと思います。 大手生保は保険外交員を大量に抱え、

記事を読む

高齢者契約の状況確認の課題

昨今、保険契約者における保険金請求のし忘れや確実な保険金の支払いを目的として国内生命保険会社の注意喚

記事を読む

PC用

医療保険制度改革と医療保険の見直しポイント

2015年5月に「医療保険制度改革法案」が成立し、2016年4月より施

【持病のある方必見】持病補償のついた海外旅行保険に加入する方法

持病のある人にオススメの海外旅行保険とは 病気を治療中であったり持病

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需

不動産所得の税金
こんな方は要注意!住宅ローン審査に通らない理由&通りやすくする方法

マイホーム購入で多くの方が利用している住宅ローン。誰でも申し込めるもの

健康保険の「被扶養者が受けられる給付」まとめ

会社員の夫、専業主婦の妻。 このような世帯の場合、夫は健康保険の「被

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、