保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

【役員賠償責任保険】役員賠償と新たな相続問題とは?

公開日: : 最終更新日:2018/02/19 企業向け保険

先日、トヨタ自動車の女性役員が麻薬密輸容疑で逮捕されるニュースが報道されました。
数多くの株主が存在する大企業にとってこのような不祥事は信用をはじめ株価や経営に大きな影響を及ぼします。

このようなリスクに対し、AIG保険会社は1990年に日本で初めて会社役員賠償責任保険を開発しました。大企業は親会社と多くの子会社との間で連結しているため、いくら親会社がしっかりと統括管理されていたとしても子会社の不祥事が生じた時には、親会社も打撃を受ける事になります。

その責任を役員が取るのはごく当たり前の慣習になっているものの、あまりにも酷な気がしてなりません。一般的に考えるとすべてにおいて監督管理するのが役員の務めであるものの、実際には困難な場合が多いでしょう。

だからこそ、会社役員賠償責任保険が大企業で重宝されるのだと思います。補償内容も調査費用から弁護士報酬、再発防止策にかかる費用など幅広く対応している事も重宝される理由として挙げられるでしょう。

昨今では相続人である配偶者やその子どもにまで会社損害の賠償を求める場合があります。相続人からすると正に「寝耳に水」です。仮に経営に関わっていなかった場合は尚更です。

そのような場合も会社役員賠償責任保険は救済する役割を担っています。相続対策には生命保険を活用する場合が多いのですが、このように損害保険を活用した相続対策も今後必要となってくるに違いないでしょう。これは大企業だけに限らず中小企業の親子間における事業承継についても同様の事が言えます。

AIU、D&O保険の補償内容を拡充、不祥事発生時の社内調査費用などの特約

(以下は新日本保険新聞より一部抜粋)

AIUは、「マネジメント賠償責任拡張担保(2015)特約」を開発し、7月1日から販売を開始した。株主代表訴訟など経営者個人に対する損害賠償請求を補償する「マネジメントリスクプロテクション保険(D&O保険)」の特約として開発したもので、日本で初めて(同社調べ)、不祥事発生時の社内調査費用を補償し、役員の相続人に対して保険金額を追加で提供する。

近年、子会社において不祥事が発生したことによって、親会社の役員が子会社に対する監督責任を追及される株主代表訴訟が増加している。また、改正会社法で「企業集団の業務の適正を確保するために必要な体制」(グループ内部統制システム)の構築義務に関する規定が施行規則から会社法に格上げされたことで、今後、親会社役員の子会社に対する監督責任は、より高い注意義務が求められる可能性がある。

そこで、自社または子会社において不祥事が発生した場合に、社内調査に要した弁護士に対する報酬、調査会社に支払った費用などを補償する特約を新たに開発。この補償と昨年新設した第三者委員会設置費用の補償により、事実調査、原因究明、再発防止策の検討など一連の対応に要する費用を切れ目なく補償することが可能となる。グループ企業において不祥事が発生した際に、ステークホルダーに対する説明責任を果たすための危機管理対応を支援する。

また、亡くなった役員の経営判断等により会社に損害が生じた場合、配偶者や子どもなどの相続人が、株主代表訴訟などで責任追及されることがある。相続人は、借入金の債務などと異なり、亡くなった役員の行為を原因とする将来の具体的な損害賠償責任の債務を、相続時点において認知することは困難であるが、相続した後に多額の損害賠償責任を問われ、全財産を失いかねないリスクがある。そこで、保険契約者の役員の相続人に対し、基本契約とは別に最高1億円の保険金額(保険金の支払い限度額)を追加で提供する補償を新設した。役員の相続人に対して手厚い補償を提供することで、相続人の救済を図る。

PC用

関連記事

no image

まるか食品、リコール保険に加入していなかった

まるか食品のペヤング焼きそばのゴキブリ混入問題がニュースを賑わせています。 工場の衛生面の見直しとメ

記事を読む

東京海上日動火災保険、海外PL保険団体制度を販売

東京海上日動火災保険株式会社は2015年7月1日より日本商工会議所の会員向けに海外PL保険の団体制度

記事を読む

no image

BCPを想定した第2本社設置によるリスク対策(AIG社)

AIGジャパン・ホールディングスが東京の本社機能のうち、人事、総務部門などの一部を大阪府内に移すと発

記事を読む

朝ドラで話題の大同生命、法人向け生命保険で躍進

NHKの朝のテレビドラマ「あさが来た」が非常に人気になっています。 明治時代の女性企業家の一人、広

記事を読む

東京海上グループ会社が、「社内ストレス」チェックサービスを開始

改正労働安全衛生法が12月に施行されると、従業員50人以上の企業は「ストレスチェック」の実施が義務と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

医療保険制度改革と医療保険の見直しポイント

2015年5月に「医療保険制度改革法案」が成立し、2016年4月より施

【持病のある方必見】持病補償のついた海外旅行保険に加入する方法

持病のある人にオススメの海外旅行保険とは 病気を治療中であったり持病

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需

不動産所得の税金
こんな方は要注意!住宅ローン審査に通らない理由&通りやすくする方法

マイホーム購入で多くの方が利用している住宅ローン。誰でも申し込めるもの

健康保険の「被扶養者が受けられる給付」まとめ

会社員の夫、専業主婦の妻。 このような世帯の場合、夫は健康保険の「被

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、