保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

結婚資金や教育資金など、将来の子ども資金を簡単に貯める方法

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 社会保障や公的保険

子どもが誕生してから社会に出て自立するまでの「お金」を考えると1,000万円単位のお金が必要だと言われます。
ここでは将来の子どものための結婚資金や教育資金を簡単に貯める方法を紹介したいと思います。

児童手当をすべて貯めると約200万円程度になる

0歳から15歳までの子育て世帯がもらっている「児童手当」ですが、このお金をすべて将来の子どものために貯蓄した場合、約200万円程度が貯まることをご存知でしたか。詳細は以下のとおりです。

・0歳から3歳未満(2歳まで)=月々15,000円

・3歳から小学校修了前=月々10,000円(第1子・2子) 3子以降は月々15,000円

・中学生=月々10,000円

となります。子どもの人数によってもらえる児童手当の金額に違いはありますが、仮に子どもが2人の世帯の場合、1人あたりの児童手当の総額は以下のようになります。

・0歳から3歳未満(2歳まで)=合計540,000円

・3歳から小学校修了前=合計1,200,000円

・中学生=合計360,000円

・総額=2,100,000円

結婚資金・教育資金どちらでも対応可能

児童手当の使い方は親によって左右されます。
子どもの習い事や衣服、その他必要なものを購入するために使う人もいれば、すべて貯蓄して将来の結婚資金や教育資金にあてる人もいます。どちらのお金の使い方も正しいと考えますが、結婚資金や教育資金を準備したいと考えている親御さんには簡単に貯められる方法なのではないでしょうか。

児童手当の使い方を再検討してみる

子どもが誕生してから中学校を卒業するまでの約15年で2,100,000円が貯められることがわかりました。語弊のある表現ではありますが、このお金は働かなくてももらえるお金であり、「親の考え方や使い方」が大きなポイントになります。

子どものための結婚資金や教育資金を少しでも多く用意しておきたいと考えている親御さんで児童手当を子どもの消耗品等に使用している場合は再検討してみるのもよいでしょう。ちょっとした工夫で余裕をもった資産形成が可能になります。

PC用

関連記事

海外に行くなら知っておきたい海外療養費制度の活用

国民皆保険と海外療養費制度 私たち日本人はそれぞれ1人1枚保険証を持っています。いわゆる「国民皆保

記事を読む

公的健康保険から支給される埋葬料・家族埋葬料とは

残念ながら人が亡くなる確率は100%です。いつかは訪れるこの時に備えて生命保険を掛け続けたり、貯蓄し

記事を読む

国民年金

年金が振り込まれるまでにかかる日数と手続きの流れをまとめました。

老後の生活資金である国民年金や厚生年金はどのような流れで受け取れるかご存知でしょうか? 平成2

記事を読む

国民年金

不景気だからこそ知っておきたい4つの社会保険制度

「不景気」や「デフレ」といったマイナスの言葉が飛び交う中、今、求められることは「自助努力」と言われて

記事を読む

no image

【健康保険改革】年収1,000万円で負担4万円UPは意味があるのか?

厚生労働省は、自営業者らが加入する国民健康保険の保険料上限を2016年度は89万円と、今年度より4万

記事を読む

PC用

ポイントはたったの2つ!正しい学資保険の選び方とは

子供が産まれると喜びも大きいですが、子供を育てていく責任も出てきま

社会保険と生活
病気で働けなくなったらどうする?高額療養費制度と傷病手当金の申請から受給まで

今は健康に問題もなく働いているけれど、万が一大きな病気をして働けな

住宅購入前後で必要となる不動産登記の種類と流れ

これから住宅の購入を考えている人であれば「登記」という言葉をすでにご存

Bupa Global
妊娠22週以降でも入れるBupa Globalの海外旅行保険。特徴と加入の流れを解説します。

Bupa Globalの海外旅行保険について調べてみたので記事として投

相続税で支払う金額はいくら?金額を確認する4つの手順

平成27年(2015年)1月1日より相続税の基礎控除額が大幅に引き

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、