保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

FPが教える火災保険選びの基本マニュアル!

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 住宅・住宅ローン, 火災保険, 生命保険や損害保険

保険のプロが教える火災保険の選び方
先日、島根県で偶発的な突風が発生し、建物や自動車など大きな被害の生じたニュースが報じられました。
突風や台風、地震などといった偶発的な自然災害において生じた損害は、火災保険や地震保険、自動車保険といった損害保険で補償されることになりますが、契約内容によっては、必ずしも保険金が支払われるとは限りません。

そこで今回は、これら損害保険のうち火災保険基本マニュアルと題して、せめてここだけは抑えておきたい火災保険の厳選ポイントをざっくりと解説していきたいと思います。

関連記事
○十万円節約!火災保険を安くできる5つの見直しポイント!
火災保険の水災補償を外して保険料を安くする

火災保険は「火災」以外でも補償される

火災保険は、読んで字のごとく「火災」が起きた場合に補償される保険になります。
そして火災の補償に付け加えまして、「落雷」による損害、突風のような「風災」の損害、「雪害」、「ひょう災」、「破裂や爆発」といった災害に対しても幅広く補償してもらえるケースもあります。
さらに、これらの補償のほか「盗難」などの日常生活トラブルにも対応している特徴があります。

注意点としては、火災保険だからといって必ずしもこれら全部の補償がついているというものではありません。
加入する損害保険会社や契約内容によって個別に異なりますので、この点には注意が必要です。

火災保険の補償内容はどう選んだらよいのか

『そもそも火災保険はどのような補償を選べばよいのですか』といった質問を、火災保険を検討している皆さんからよく頂きます。
お金を支払っている以上、有事のときにしっかりと補償されたいと考えているからこそ当然の質問といえます。

さて、火災保険の補償内容選びのポイントは、ざっくりと申し上げて
「どのような危険に対して備えたいか、もしくは心配なのか」
を明確にしておくことです。

例えば、さきほどご紹介したように火災保険には「火災」、「落雷」、「爆発」、「破裂」などといった基本補償がありますが、これで自分の不安が解消できるかをまずは確認してみましょう。

もしあなたが雪の降る地域に住んでいるのであれば、「雪害」による損害にも補償してもらいたいと考えるのではないでしょうか?
また、台風の多い地域では「風災」による損害を補償してもらいたいと思うでしょう。
場合によっては、近所の治安が悪いため「窃盗」による損害も補償できるようにしたいと考える人もいるかもしれません。

私は雪国在住(秋田県)ですが、
『雪害には対応してほしい。でも台風被害は何十年も記憶にないので風災はそんなに重視しなくてよい。田舎なので窃盗のような犯罪も特段重視しない』
といったように、まずは補償を絞り込んで選ぶことがおおまかなポイントになります。

どの火災保険を選んだらよいのか

保険全般の相談に応じていると
『火災保険はどこの保険会社のものを選べばよいのですか?』
といった質問も多く受けます。

私はお客様の火災保険の加入する目的によって伝え方をわけているのですが、新しく住宅を購入する場合にはまずその金額を把握していなければいけません。
注文住宅、建売住宅、マンションといずれにしましても不動産業者から不動産価格を聞くところからすべてがはじまります。そして、この不動産価格を基に算出された火災保険料を保険会社ごとに比較検討していきます。

後は、前項で解説した補償内容が自分に合っているかを確認して問題がなければ大丈夫でしょう。分からない時には、FPといった専門家に相談してみるのも良い方法です。

火災保険の補償対象はどこまで?

火災保険の補償対象は「建物」と「家財」になります。

ここでいう建物とは、家屋はもちろんですが、門、塀、車庫、物置といった家屋に附属しているものも含まれます。
一方、家財とは、テレビや冷蔵庫、洗濯機、ソファー、タンスなど家電製品や生活に必要な家具全般のことを指します。

火災保険には出来る限り家財の補償を付けるのが望ましいと思いますが、貯蓄などで補填できる範囲であれば家具補償は無理に付けるものではないと私は考えています。

家財の補償に支払う保険料をこつこつ貯めることができれば、有事のときの家財買い替え費用として使うこともできますし、他に使うあてがあれば、そちらの方へ貯めたお金をまわすことができるため効率的です。
あくまでも家財の価値や状況と判断して決めることがポイントです。

地震保険は火災保険とセットが必須条件

地震保険の「いろは」についても伝えておきたいことがあります。
1つ目は、火災保険にセットで加入するのが地震保険で、「セット加入が必須」という点です(地震保険だけ加入することはできません)。

2つ目として、「地震保険料はどこの保険会社で加入しても保険料が同じ」になります。
地震保険料に違いがあるように見えるのは、住んでいる都道府県ごとの保険料の違いであり、保険会社ごとの保険料の違いではありません。つまり、住んでいる都道府県によって最初から地震保険料は決まっていることになるのです。

火災保険選びのまとめ

今回解説した火災保険基本マニュアルの内容は以下のとおりです。

・  まずは火災保険を知る

・  火災保険の補償内容選びはどのような危険に対して備えたい・心配なのかを明確化する

・  火災保険の保険商品選びは不動産業者から不動産価格を聞くことからはじまる

・  火災保険の補償対象は「建物」と「家財」

・  地震保険は火災保険とセットが必須条件

これらを知っていれば十分です。そして、どれも欠かすことのできない大切な要素です。

偶発的な事故や損害はいつ起こるかわからないからこそ備えは必要になりますが、過剰な心配をしすぎるのではなく、必要な補償範囲を把握してから保険に加入することが最も大切ですね。

PC用

関連記事

日本国内初の認知症対応保険とは?

太陽生命保険は、「認知症と診断されると保険金を支払う保険」を平成28年3月に発売することがわかりまし

記事を読む

うまい話には訳がある!住宅ローンの条件変更に潜む大きな落とし穴とは?

念願のマイホームを夫婦揃って手に入れた数年後に失業といった悲劇が待っているとは! こんなこと普通考

記事を読む

no image

自動ブレーキ搭載の車、自動車保険が安くなる!

2017年1月より損害保険各社では、自動ブレーキなど先進的な安全装置を搭載した自動車の保険料を平均で

記事を読む

若年者が知っておくべき生命保険の選び方

この記事では、「若年者が知っておくべき生命保険の選び方」と題して、将来において役に立つ生命保険の選び

記事を読む

独立系FPが教える!理想の住宅を購入するために必要な3箇条とは

一生に一度の大きな買い物、それが「マイホーム購入」です。 希望に沿った運命的な不動産物件との出会い

記事を読む

PC用

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

火災保険
地震保険が値上げ!地震保険を知って賢い節約をしよう。

2019年1月に地震保険が値上げされます。 家計の負担を避けるために

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知ら

不動産所得の税金
不動産の売却所得、税金がかかるケースとかからないケース

長い人生においては、さまざまな理由から住宅などの不動産を売却する機会も

医療保険制度改革と医療保険の見直しポイント

2015年5月に「医療保険制度改革法案」が成立し、2016年4月より施

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、