保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

海外旅行保険についてアドバイスをください。

公開日: : 海外旅行保険 - Q&A

解決済みの質問
相談者名 秋音 (30代女性)
海外旅行保険についてアドバイスをください。

来週に1週間海外旅行に出かけます。行き先はアメリカで、事前に海外旅行保険に加入してから出発しようと思います。
インターネットで海外旅行保険について調べていると色々なところで加入することが出来るようですが、どこから加入するのがおすすめでしょうか?

個人で申し込む海外旅行は初めてで、ネットでいろいろ調べてもどれがいいのかよくわからないので、アドバイスください。
よろしくお願いします。

回答受付を終了しました
回答者名 kawasakifanさん
回答 こんにちは。
海外旅行保険はインターネットや空港など、様々な場所で加入することが出来ます。
それぞれのメリットをまとめると大体次のような感じでしょうか。

(1)インターネットから加入
基本はクレジットカードで保険料を支払うことになりますが、AIU保険会社などはコンビニ払いやATM払いも選択できます。
ネット加入の場合、料金が通常より安くなるケースが多いのが一番のメリットですね。
出発当日でも申し込みが出来るので出発直前になっても焦らなくてすみます。
それと、出発前から申し込んでおければ家を出て空港に向かうまでの間も保険の対象に含まれるのでその点も少しお得です。

(2)空港で加入
空港にも海外旅行保険の店舗がありますのでそこでも加入できます。
ただ、空港によっては希望の保険会社がなかったり、いざ入ろうと思ったら持病などが引っかかって入れなかったということもありますので、出来れば空港につく前に加入をしておきましょう。
空港が広くて店舗が見つからなくて出発前にバタバタしてしまうこともありえます。

(3)保険代理店などの窓口で加入
損害保険を扱っている保険代理店さんであれば、大抵海外旅行保険も取り扱っています。
ネット加入に比べて料金が高くなることが多いですが、メリットは不明点があれば直接その場で質問して聞けるという点です。
海外旅行保険と一言でいっても、保障内容は医療保障や携行品補償、遅延補償など複雑なものですから、相談できる人がいるのは安心でしょう。
また、持病がある方は基本的にネット加入は出来ないのですが(AIU保険会社を除く)、直接店舗で申し込みをすることで加入できるケースもあります。
気になる方は事前に保険代理店や保険会社に照会されると良いと思います。

(4)旅行代理店で加入
旅行代理店で保険加入すれば旅行と一緒に旅行代理店にお任せすることができます。
ただ担当者が保険に詳しくなくて保険契約をただ仲介しているだけのケースもあるので、それであればネットで安く加入したほうが良いと思います。

個人的には(1)と(3)の選択が良いと思います。
参考になりましたら幸いです。

回答者名 xworker3838さん
回答 インターネットで損保ジャパンと検索していつも入ってます。
この前はオーストラリア 10日間で保険に入りました。安いし簡単に加入できるからおすすめですよ。
ただし、ネットでの 申し込みで カード決済ですが!

関連記事

関連する記事はありませんでした

住宅購入前後で必要となる不動産登記の種類と流れ

これから住宅の購入を考えている人であれば「登記」という言葉をすでにご存

Bupa Global
妊娠22週以降でも入れるBupa Globalの海外旅行保険。特徴と加入の流れを解説します。

Bupa Globalの海外旅行保険について調べてみたので記事として投

相続税で支払う金額はいくら?金額を確認する4つの手順

平成27年(2015年)1月1日より相続税の基礎控除額が大幅に引き

国民年金
年金が振り込まれるまでにかかる日数と手続きの流れをまとめました。

老後の生活資金である国民年金や厚生年金はどのような流れで受け取れるかご

「旅行積立」の各社サービスを紹介!旅行資金を損せず貯める方法。

年末年始やゴールデンウィーク、お盆休み・・・ 長期休みを利用して国内

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、