保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

住宅ローンのお金を節約したいなら・・・

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 住宅・住宅ローン

住宅ローンを申し込む際の諸費用は一般的に高額です。そのため少しでも住宅ローンのお金を節約したいと考えている多くの皆さまに、今回は死亡保険を担保とする方法を紹介していきます。

ここでいう死亡保険は、定期保険・終身保険・収入保障保険など死亡や高度障害になった場合に支払われる生命保険のことを指します。

それでは説明をしていきます。

住宅ローン=団体信用生命保険の加入は必須


すべての住宅ローンにおいて団体信用生命保険の加入が求められてはおりませんが、家族と家を守るためには、団体信用生命保険の加入は「必須」と言えます。

団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済期間中に債務者が死亡や高度障害などになった場合、その保険金が住宅ローンの債務残高に充てられることで、遺された遺族は住宅ローン債務が無くなり、金融機関側は債権回収リスクを負わずに済むといったメリットがあります。
結果として双方が円満解決できるため広く一般に利用されています。

団体信用生命保険の実際

団体信用生命保険の保険料は、住宅ローンの金利に上乗せされるのが一般的です。

例えば、住宅ローンの金利が0.7%の時、団体信用生命保険に加入することで0.4%の金利上乗せなどといった使われ方をします。したがって実質金利は1.1%で借入しているといったイメージです。

収入保障保険の方が安い場合がある

団体信用生命保険と同じような性質の死亡保険に「収入保障保険」があります。

この収入保障保険は年齢を重ねるごとに、死亡保険金額が逓減していき満期になると保障が0円で終了といった仕組みの保険で、正に住宅ローンを完済して消滅する団体信用生命保険と同じと言えます。

総合的な支払金額でみた場合、団体信用生命保険よりも収入保障保険の支払保険料の方が安く済む場合が実はあるのです。

金融機関や融資条件によっては団体信用生命保険でなければならない場合もあり得ますが、そのような縛りが無い場合には、収入保障保険と比較検討して住宅ローンの諸費用を節約してみることをおすすめします。

PC用

関連記事

リバースモーゲージの基本と活用方法

いわゆる団塊の世代と呼ばれる人たちが老後を迎えていく中で、すでに年金生活を始めている高齢世代が毎日の

記事を読む

マンション売買の瑕疵担保責任についての質問と相談

首都圏や政令指定都市などに在住している方は、マイホームとしてマンションを購入されるケースも多いと思い

記事を読む

住宅購入前後で必要となる不動産登記の種類と流れ

これから住宅の購入を考えている人であれば「登記」という言葉をすでにご存じだと思います。 戸建て

記事を読む

独立系FPが教える!理想の住宅を購入するために必要な3箇条とは

一生に一度の大きな買い物、それが「マイホーム購入」です。 希望に沿った運命的な不動産物件との出会い

記事を読む

FPがアドバイス!家や土地を購入する際に知っておくべき3つの留意点

あこがれのマイホームをいつか購入したいと考えている人は、世の中に数多くいらっしゃると思います。 筆

記事を読む

PC用

借金返済に困ったら。債務整理という方法で借金問題を合法的&知られずに解決!

「住宅ローンの返済ができなくなった!」 「複数の消費者金融からお金を

定年から年金支給開始までの空白の5年間をどう暮らす?5つの資金対策を紹介。

これから先、年金を受け取る世代にとって、老後の生活資金である年金への心

マイホームは新築だけじゃない!中古住宅の選び方とメリット・デメリット

人生で最も高い買い物と言われる「マイホーム」。日本では新築が根強い人気

損保ジャパンの海外旅行保険off!では持病は補償されますか?

損保ジャパンのoff!の持病補償について -海外旅行保険- 【相

海外旅行保険未加入の来日中国人
訪日観光客の医療費の踏み倒し相次ぐ!海外旅行保険の加入義務化は待ったなし。

中国人旅行者が医療費を支払ずにトンズラした事件 2017年に旅行で日

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、