保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

住宅ローン借り換え前にチェックするべき2つのポイント

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 住宅・住宅ローン

現在、住宅ローンの金利は低金利状態が続いており、しっかりとした返済計画と安定した収入があれば住宅ローンの借り換え効果が認められる世帯は多いと思います。
しかしながら、住宅ローン借り換え前にチェックし対策を取るべきポイントを怠った場合、住宅ローンの借り換えそのものが受けられないことも十分考えられます。

そこで今回は、住宅ローン借り換え前にチェックするべきポイントを2つ紹介していきます。

チェックポイントその1 借り換え前に収入と支出の内容を再確認する

住宅ローン借り換え以前の問題なのですが、そもそも収入が支出より上回っていなければ余裕を持った住宅ローン返済を行うことはできません。

ここでいう収入とは可処分所得とも呼ばれ、いわゆる「手取金額」を指しますが、毎月の収支が黒字で少ないお金でも残せる家計状態をキープしていることが最重要ポイントになります。

チェックポイントその2 借入金の「本数」をチェックする

住宅ローンの借り換えを実行してもらうためには、金融機関に住宅ローンが滞りなく返済できると思われる「信用」を持ってもらう必要があります。
その際、住宅ローンを「除いた」借入金の状況を金融機関は確認するのですが、借入金の本数が多い場合、住宅ローンの借り換えが厳しくなります。

例えば、自動車ローン150万円、教育ローン100万円、教育ローン200万円という借入があった場合、住宅ローンを除いた借入になりますので「3本」になります。消費者金融1社から借入があれば「4本」といったイメージです。

ちなみに借入本数「4本」になるとかなり借り換えが厳しくなると考えられ、「5本以上」ではまずもって借り換えが難しいと考えるべきでしょう。
住宅ローンの借り換え前に整理できる借入金がある場合には、まとめて返済するなどの対策も必要になってきます。

※上記はあくまでも目安であり、金融機関や保証会社をはじめ、収入や金融事故歴などによって取り扱いが異なりますので注意してください。

PC用

関連記事

FPが教える火災保険選びの基本マニュアル!

先日、島根県で偶発的な突風が発生し、建物や自動車など大きな被害の生じたニュースが報じられました。

記事を読む

マイナス金利における住宅ローン選択のポイントとは

日本銀行のマイナス金利政策を受けて、金融機関における住宅ローンの低金利時代が続いています。 住宅

記事を読む

夫婦なのに贈与税が発生!これってあり? | 住宅ローンには要注意!

夫婦共働き、夫婦で住宅ローンの申し込みなど、一昔前と随分世の働き方が大きく変化したと感じます。 この

記事を読む

FPが伝授!マイホームはこんな不動産業者と契約するな!

人生で最も高い買い物であるマイホーム購入。 当然、絶対に失敗したくないと考えますが、何よりも契約す

記事を読む

実例からFPがアドバイス!定年前に住宅ローンを完済するために必要なこと

平成28年2月よりマイナス金利政策が始まったことによって、金融機関が融資している住宅ローンの金利が引

記事を読む

PC用

クレジットカードの基本知識と利用手数料の注意点

一般に成人一人あたり平均2枚~3枚所持しているといわれるクレジットカー

学生の海外旅行保険
【初めての海外旅行】学生におすすめしたい海外旅行保険3選

安くて便利で質の良い海外旅行保険ってどこ? 「学生のうちに色々な国へ

【相続・戸籍・登記】三位一体の関係をとことん解説

【相続】 【戸籍】 【登記】 どの言葉も一度は耳にしたことはある

ポイントはたったの2つ!正しい学資保険の選び方とは

子供が産まれると喜びも大きいですが、子供を育てていく責任も出てきま

社会保険と生活
病気で働けなくなったらどうする?高額療養費制度と傷病手当金の申請から受給まで

今は健康に問題もなく働いているけれど、万が一大きな病気をして働けな

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、