保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

橋本病の方が海外旅行保険に加入する3つの方法

公開日: : 海外旅行保険

橋本病と海外旅行保険について

橋本病とはどんな病気?

橋本病と海外旅行傷害保険

橋本病は甲状腺疾患の1つです。甲状腺が硬くなり腫れて、甲状腺ホルモンの分泌が低下します。女性に多い病気で、遺伝しやすい病気とも言われています。

じつは私の親族も橋本病患者が多く、祖母・母・妹・叔母・従姉妹が橋本病と診断されています。従姉妹は、長年うつ病だと思い通院していたのですが、橋本病だったことが分かりました。すぐに投薬治療を始め、今ではすっかり明るく元気です。

橋本病と診断されたからといって、すぐに投薬治療をする必要がない方も少なくないです。しかし、橋本病は完治することは無いと言われており、すぐに治療が必要でない場合でも、定期的に検査をする必要があります。

海外旅行保険への3つの加入方法

海外旅行保険に加入する方法

完治しない病気で投薬をしているなら海外旅行保険に加入できないんじゃないのか? と不安になる方もいらっしゃると思います。
また、「治療する必要が無い状態なら、橋本病であることを隠して海外旅行保険に加入すれば良いじゃないか?」 と思う方もいらっしゃるかもしれません。

橋本病でも、海外旅行保険に加入できますのでご安心ください。
絶対に病気を隠して加入しないでくださいね! 病気を隠して加入すると、旅行先で医療機関にかかっても保険金がおりない場合もあります。海外の医療費、高額になることもありますよ…

保険の加入方法を下記にまとめました。ご自分に合った方法で探されてみてください。

方法その1:保険代理店の窓口へ行って加入

【メリット】
・保険のプロに相談しながら、加入できるので安心。
・持病がある場合でも、加入可能であるか個別に審査してもらえる。

【デメリット】
・審査に時間がかかることもある。(その上、引受不可になる場合もある。)
・加入可能でも、持病については補償対象外となることがある。
・インターネットで加入するより、保険料が高い場合が多い。
・代理店のお店へ出向かなければならないので、手間がかかる。

どの保険会社の保険に加入することになるかは、その保険代理店が取り扱っている保険会社から選ぶことになります。海外旅行保険を専門としていない保険代理店も多いので、いきなりお店に訪問するのではなく、必ず電話やメールで確認と予約をしましょう。

東京海上日動火災保険やAIU保険会社でしたら既往症補償のついた海外旅行保険を販売しているので、まず安心でしょう。
東京海上日動火災の海外旅行保険
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/travel/kaigai/

方法その2:空港で出発前に加入

【メリット】
・空港で加入できるので手軽。

【デメリット】
・空港の保険は保険料が高額な場合が多い。
・自宅から空港へ向かう途中の事故は補償対象外。
・持病は補償対象外となることが多い。
・加入不可となった場合、無保険で渡航することになる。

上記のようにメリットが少なくデメリットが多いので、あまりお勧めは出来ません。空港での保険加入は、加入を忘れてしまったときの最後の手段と私は考えています。

方法その3:インターネットでの加入

【メリット】
・PCやスマートフォンで24時間加入できるので、気軽。
・代理店で加入するより、保険料が安くなることが多い。
・AIU保険会社なら病気悪化も補償される(詳細はこのあと記述)

【デメリット】
・保険のプロ(代理店の方など)に相談しながら加入できない。

一般的にインターネット加入の場合は既往症があると加入が出来ないのですが、AIU保険会社は持病があっても旅行期間が31日以内であれば、インターネットで加入できる海外旅行保険を販売しています。
旅行先で持病が悪化した場合も補償対象に含めてもらえる のがすごくありがたい点です。
※ただし、持病が補償対象となるため、他のネット加入保険(損保ジャパンや三井住友など)よりは少々割高です。

AIU保険会社の海外旅行保険
http://www.aiu.co.jp/travel/
電話サポートがあるので、申し込みするときは電話で質問や確認をしながら行うと安心でしょう。

海外旅行に行かれるときに注意すること

投薬治療中の方は、お薬を忘れずに持って行きましょう。服薬のタイミングにも注意してください(特に時差がある場合)。投薬治療中ではない方でも、少しでも体調に不安があれば、一度かかりつけ医に相談しましょう。

海外旅行保険には、現地の医療機関を紹介するサービス等が付帯されています。ご自分が加入した保険には、どのようなサービスがあるか、渡航前に確認するといいでしょう。海外旅行保険に加入し、万全の体制で海外旅行を楽しんでください!

参考文献

・「海外旅行保険加入のすすめ」(外務省)
・「海外旅行医学ハンドブック」(著者:篠塚規 出版:山と渓谷社)
持病があっても入れる海外旅行保険

関連記事

関連する記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


住宅購入前後で必要となる不動産登記の種類と流れ

これから住宅の購入を考えている人であれば「登記」という言葉をすでにご存

Bupa Global
妊娠22週以降でも入れるBupa Globalの海外旅行保険。特徴と加入の流れを解説します。

Bupa Globalの海外旅行保険について調べてみたので記事として投

相続税で支払う金額はいくら?金額を確認する4つの手順

平成27年(2015年)1月1日より相続税の基礎控除額が大幅に引き

国民年金
年金が振り込まれるまでにかかる日数と手続きの流れをまとめました。

老後の生活資金である国民年金や厚生年金はどのような流れで受け取れるかご

「旅行積立」の各社サービスを紹介!旅行資金を損せず貯める方法。

年末年始やゴールデンウィーク、お盆休み・・・ 長期休みを利用して国内

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、