保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

【旅行先でダイビング】海外旅行保険に加入できる?

公開日: : 海外旅行保険

スキューバダイビングは危険なスポーツに該当するのか?

スキューバダイビング

今回は、「スキューバダイビングをする予定がある場合に海外旅行保険に加入できるのか?」について解説します。

海外旅行保険に加入する際 、「危険なスポーツ(運動)をしますか?」との質問が必ずありますね。
一般的に旅行先で危険なスポーツをする場合、海外旅行保険に加入することが難しくなります (代理店窓口で申請をすることで、危険なスポーツ中は補償対象外という条件付きで加入できることもあります)。

スキューバダイビングと海外旅行保険

では、リゾート地で大人気のスキューバダイビングは危険なスポーツに該当するでしょうか?
海外でスキューバダイビング中に日本人が行方不明になった、というニュースを耳にすることもありますよね。
そうなると、スキューバダイビング危険なスポーツに該当するように思えますが、答えは「NO」です。スキューバダイビングは、危険なスポーツに該当しません。
ですから、問題なく海外旅行保険に加入することができます(もちろん他の告知事項に該当しない場合に限ります)。

昔は「危険なスポーツ」に該当していたのです

私が某損害保険会社で引き受け審査をしていた10年ほど前、実はスキューバダイビングは危険なスポーツに該当していました。その当時、同僚の間でも「スキューバダイビングって、そんなに危険かな?」と話題になったり、「スキューバダイビングは危険なスポーツじゃない!」と他部署の方から言われたりしていました。

今ではスキューバダイビングは、機材の安全性の向上やライセンス制度が広まったことにより、保険で定める「危険なスポーツ」から除外されました。

ちなみに、危険なスポーツとは…

・山岳登はん(ピッケル・アイゼン等の登山用具を使用するもの)
・ロッククライミング(フリークライミングを含む)
・リュージュ
・ボブスレー
・スケルトン
・航空機(グライダー及び飛行船を除く)操縦
・スカイダイビング
・ハンググライダー搭乗
・超軽量動力機(ウルトラライト機等)搭乗
・ジャイロプレーン搭乗
・その他これらと同程度のスポーツ
などが該当します。
(参考:損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険【off!!】 より)

この中に該当しないスポーツでも、危険が伴うのであれば、告知対象となるか各社に問い合わせましょう。
告知が必要な危険なスポーツを告知しなかった等、告知事項が事実と異なる場合、保険金が支払われなかったり、保険契約が解除される場合もあるので、ご注意ください。

まとめ

以上のように、スキューバダイビングの予定がある方も通常通りに海外旅行保険に加入できますからダイバーの方は安心してください。

ちなみに海外旅行保険に加入する時に保険料を抑えたい方は多いと思いますが、窓口で加入するのではなくインターネットで加入すると、割安な保険料で海外旅行保険に加入出来ますよ
旅行先でスキューバダイビングをする予定の方は、インターネットでの海外旅行保険を検討してみてはどうでしょうか。

参考記事

「コウノドリ」に学ぶ – マタ旅(妊娠中の海外旅行)保険の選び方
妊娠中の海外旅行保険【妊婦さんの海外旅行心得】

PC用

関連記事

関連する記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

【相続・戸籍・登記】三位一体の関係をとことん解説

【相続】 【戸籍】 【登記】 どの言葉も一度は耳にしたことはある

ポイントはたったの2つ!正しい学資保険の選び方とは

子供が産まれると喜びも大きいですが、子供を育てていく責任も出てきま

社会保険と生活
病気で働けなくなったらどうする?高額療養費制度と傷病手当金の申請から受給まで

今は健康に問題もなく働いているけれど、万が一大きな病気をして働けな

住宅購入前後で必要となる不動産登記の種類と流れ

これから住宅の購入を考えている人であれば「登記」という言葉をすでにご存

Bupa Global
妊娠22週以降でも入れるBupa Globalの海外旅行保険。特徴と加入の流れを解説します。

Bupa Globalの海外旅行保険について調べてみたので記事として投

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、