保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

「 社会保障や公的保険 」 一覧

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知らないだけです。人は知らないことは難しいと感じるものです。 家計をなんとか改善したいという方はぜひ、知ることから始めて見てくだ

続きを見る

医療保険制度改革と医療保険の見直しポイント

2015年5月に「医療保険制度改革法案」が成立し、2016年4月より施行されています。 この記事では、制度改正の主な内容と、それに伴う医療保険の見直しポイントについて解説していきます。 こ

続きを見る

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需要は年々高まり、今では「FP」としてさまざまな場面で活躍される方も増え、人気資格の一つとなっています。 この記事では、FPの

続きを見る

健康保険の「被扶養者が受けられる給付」まとめ

会社員の夫、専業主婦の妻。 このような世帯の場合、夫は健康保険の「被保険者(本人)」、妻は夫が加入する健康保険の「被扶養者(家族)」ということになります。 健康保険の「被保険者」と「被扶養者」では

続きを見る

定年から年金支給開始までの空白の5年間をどう暮らす?5つの資金対策を紹介。

これから先、年金を受け取る世代にとって、老後の生活資金である年金への心配や不安は大きいものです。 少し前までは年金の受給開始年齢といえば60歳でしたが、現在では原則65歳からになっています。

続きを見る

病気で働けなくなったらどうする?高額療養費制度と傷病手当金の申請から受給まで

今は健康に問題もなく働いているけれど、万が一大きな病気をして働けなくなったら? こんなことを考え、不安に思う方も沢山いらっしゃると思います。 ケガや病気などのもしものために、民間の医療保険

続きを見る

年金が振り込まれるまでにかかる日数と手続きの流れをまとめました。

老後の生活資金である国民年金や厚生年金はどのような流れで受け取れるかご存知でしょうか? 平成29年3月現在において、原則として65歳から支給開始される年金は、残念ながら自動的に振り込まれるお金で

続きを見る

海外赴任・海外駐在員の保険の選び方。節約の方法はある?

グローバル化に伴ってお仕事で海外へ行く方が多くなっています。短期間の出張だけでなく、1年を超えて海外に赴任・駐在する方もいます。 海外旅行へ行く時には「海外旅行保険」へ加入するのが一般的ですが、長期

続きを見る

妊娠~出産にかかる費用が安くなる公的保険と不妊治療助成制度をまとめました。

妊娠していることがわかると、大きな喜びを感じる一方で、今後のお金の面でさまざまな不安を抱えるようになると思います。 しかし、私たちが加入している健康保険や国民健康保険などの「公的保険」には、妊娠から

続きを見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

(この記事はかな~り長いので、少し下に表示されている目次もご利用ください。 先に要点を見たい方は、ここを押してもらえれば「まとめ」コーナーに移動します。) 確定拠出年金(401k)の法律の改正

続きを見る

不景気だからこそ知っておきたい4つの社会保険制度

「不景気」や「デフレ」といったマイナスの言葉が飛び交う中、今、求められることは「自助努力」と言われています。いわゆる、自分自身で対応策を見つけて備えておくといったことになりますが、本記事では不景気だか

続きを見る

退職時に行う健康保険や雇用保険(失業保険)、税金の手続きのまとめ

3月や12月など節目の時期になりますと、急な生活環境の変化や理由で退職や転職をしなければならないこともあると思います。このような時、どのような手続きや制度があるのか気になるところではないでしょうか。

続きを見る

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。 これから新しい家族が増え、支出も増えると心配しているママのみなさんも多いと思います

続きを見る

確定拠出年金にはない個人年金保険のメリット

「老後の年金が心配です・・・。」 30代~40代の子育て世帯のお父さん・お母さんに多い悩みの1つですね。 民間保険会社が取り扱っている「個人年金保険」は、将来の老後資金である公的年金に補填する効果の

続きを見る

SOMPOケアネクストが見守りセンサー導入。IT化でサービス・安心感向上を狙う。

損保ジャパン日本興亜ホールディングスは、運営する有料老人ホームに見守りセンサーなどを導入し、サービス向上と効率化を進めていく模様です。 介護業界では、入所する高齢者への虐待が度々ニュースになって

続きを見る

【厚生年金の加入逃れ】事業者が確認しておくべき2つのポイント

厚生労働省の調査において、厚生年金の加入資格があるのにも関わらず国民年金に入っている人が全国に推計で約200万人いることが分かりました。 これは、厚生年金の保険料の半分を負担する事業主が、違法に「加

続きを見る

海外に行くなら知っておきたい海外療養費制度の活用

国民皆保険と海外療養費制度 私たち日本人はそれぞれ1人1枚保険証を持っています。いわゆる「国民皆保険」と呼ばれる制度であり、すべての国民に対して公的医療保険を適用するという目的で昭和36年4月に体制

続きを見る

公的健康保険から支給される埋葬料・家族埋葬料とは

残念ながら人が亡くなる確率は100%です。いつかは訪れるこの時に備えて生命保険を掛け続けたり、貯蓄したりと各々お金の対策をしていることと思いますが、公的健康保険からも金額はわずかですが「埋葬料」、「家

続きを見る

お金は勝手に集めて運用損は国民の負担。年金の信頼はどこへ?

厚生労働省は、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株式に直接投資することを解禁する検討に入りました。 GPIFは7~9月期に7.9兆円という巨額の株式運用損を出したばかりな

続きを見る

結婚資金や教育資金など、将来の子ども資金を簡単に貯める方法

子どもが誕生してから社会に出て自立するまでの「お金」を考えると1,000万円単位のお金が必要だと言われます。 ここでは将来の子どものための結婚資金や教育資金を簡単に貯める方法を紹介したいと思います。

続きを見る

PC用

PC用

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

火災保険
地震保険が値上げ!地震保険を知って賢い節約をしよう。

2019年1月に地震保険が値上げされます。 家計の負担を避けるために

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知ら

不動産所得の税金
不動産の売却所得、税金がかかるケースとかからないケース

長い人生においては、さまざまな理由から住宅などの不動産を売却する機会も

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、